Search
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
New Entries
Recent Comment
  • ガン細胞に直接作用する、天然の抗がん剤・・・
    KK (05/05)
  • 難病とSOD「活性酸素と難病との関係」
    レイ (11/03)
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
丹羽療法がついに世界で認められた!
0

     自然療法が国際がん学会で認知は世界初!


    丹羽先生のがんに関する、しかも自然療法の論文が国際がん学会で認知されたのは、丹羽療法が世界で初となります。
    タイトルは『冬虫夏草を含む天然生薬が肝細胞がん患者に延命効果をもたらす根拠について』。


    提出した論文は、10年間の丹羽療法のデータを全て出したら、「一番顕著な肝臓がんに絞って提出して欲しい」と審査員から申し出があったそうです。


    今までは、化学療法を行う大学の教授が審査員だったため、丹羽先生の『抗癌剤は使うな、副作用で死に至る』という論文は落とされていた。
    そこで昨年、『手術の出来ない末期がんの丹羽療法による延命効果』をテーマにしたところ、厳しい審査をようやく通過し掲載に至ったということです。


    一般に手術の出来ない肝臓がんは、国際がん学会の統計では平均12ヶ月以下で死亡しているが、丹羽療法の場合は平均55.7ヶ月延命しており、冬虫夏草に5種類の丹羽独自の生薬を併用した場合は、平均75ヶ月という最長の結果が得られています。


    以下は、こちらで全文をご覧頂けます。


    キーワードとして概略を箇条書きしますね♪


    ・抗癌剤でダメージを受ける肝臓・腎臓は、本来体内の浄化作用を行う臓器である。
    ・肝臓・腎臓がダメージを受けると、体内浄化が行われずに衰弱する。
    ・丹羽療法は肝臓が元気になる治療を行う。
    ・これからは丹羽療法を西洋医学のドクターが認めざるを得なくなった。
    ・Integrative Cancer Therapies のサイトで詳細が掲載されています。
    ・乳がん、子宮がん、直腸がん、前立腺がん、甲状腺がんの5つのがんは、がんが身体の末端に存在する。これらは早期治療で充分延命します。
    ・膵臓がん胆のう・胆管がんを除いて、胃がんや肺がんなどは、リンパ節に転移していない場合、早期治療で寿命をまっとうされる。
    ・・・・etc.


    詳細はPDFファイルにてご覧頂けます。

    posted by: 丹羽SODメディカル | 活性酸素とは | 05:47 | - | - | - |