Search
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
New Entries
Recent Comment
  • ガン細胞に直接作用する、天然の抗がん剤・・・
    KK (05/05)
  • 難病とSOD「活性酸素と難病との関係」
    レイ (11/03)
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
花粉症、アレルギー
0
    日本SOD研究会会報No.94より引用

    春先だけだった症状が、1年中になりつつある

    今や、日本人の4人に1人は花粉症だと言われています。
    20年前だと、花粉症と言う単語すら聞かなかったのに、どうしてこんなに増えてしまったのでしょうか。

    その理由の一つとして、戦後、経済の発展と共に全国で植林された、スギの木にあります。
    今では、日本の大部分はスギの森林になってしまい、近年に成熟期を向かえ、大量の花粉を飛ばしているのだそうです。

    でも、よく考えて下さい、山間部の方にも花粉は沢山飛んでいるのに、花粉症で悩んでいる人は、都会の方が圧倒的に多いのは何故でしょう。

    都会の環境といえば、アスファルトとコンクリート。
    田舎では、花粉は土に吸収されますが、都会では雨で洗い流されないかぎり、車の風圧などで再び舞い上がり、排気ガスなどの化学物質と何らかの反応を起こして、更に悪条件になっていると考えます。

    丹羽博士によると・・・
    「日本人の食生活の欧米化によって、日本人が本来持っている免疫力が低下しつつあることがあげられ、それに加え、ストレスの多い現代社会もアレルギーを引き起こしやすくしているのです。」


    【花粉症とは】
    スギやヒノキなどの植物の花粉が原因となって、くしゃみ、鼻水などのアレルギー症状を起こす病気で、季節性アレルギー性鼻炎とも呼ばれています。
    その種類はアレルゲンによって二分されます。

    一つは通年性アレルギー性鼻炎で、アレルゲンが一年中あるので、症状も一年中あります。
    主なアレルゲンはダニ、ハウスダスト、ゴキブリなどの昆虫、ペットの毛、フケなどです。
    症状は、喘息が多くアトピー性皮膚炎などを合併することがあります。

    もう一つは、季節性アレルギー性鼻炎で、花粉の飛ぶ季節だけに症状があり、日本では約60種類の植物により花粉症が引き起こされると報告されています。
    主なアレルゲンは、スギ、ヒノキ、カモガヤ、オオアワガエリ、ブタクサ、シラカバなどです。
    症状は、鼻の三大症状(くしゃみ・鼻水・鼻詰まり)だけでなく、目のかゆみ、充血などを伴う場合が多く、他にも喉のかゆみ、皮膚のかゆみ、下痢、熱っぽいなどの症状が現れることがあります。
    さらに、シラカバ、ハンノキ、イネ科の花粉症は、ある果物や野菜を食べると口の中が痒くなったり、腫れたりする口膣アレルギー症候群という症状にもなります。

    ※長文になりますので、続きをご覧の場合は、日本SOD研究会 会報No.94をご覧下さいませ。
    posted by: 丹羽SODメディカル | 花粉症・アレルギー | 16:32 | comments(0) | trackbacks(0) | - |









    この記事のトラックバックURL
    http://niwa-medical.kachikachiyama.com/trackback/3
    トラックバック