Search
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
New Entries
Recent Comment
  • ガン細胞に直接作用する、天然の抗がん剤・・・
    KK (05/05)
  • 難病とSOD「活性酸素と難病との関係」
    レイ (11/03)
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
第一章 5-3 抗がん剤で延命効果があるがん
0
    がん治療「究極の選択」の引用と感想を記載し始めて、まだほんの25ページ目です。全文を公開するには、かなりの日数を要するので、各項目の重要と思われる点を引用致します。

    目次はこちらに掲載しておりますので、リンクのない部分に関する記事をお知りになりたい方は、コメントにてご要請下さい。
    また、この著書は、本サイト左メニューの上から5番目の『がん治療「究極の選択」』広告をクリックして頂くと、購入できるようになっております。

    それでは、「第一章 (5) 9海ん剤で延命効果があるがん」より
    固形がんで術後再発・転移しても、抗がん剤によりある一定の延命効果が期待されるがんで、乳がん卵巣がんの再発、または乳がんの肺(肝)転移卵巣がんの腹膜転移したものが挙げられる。
    (中略)
    抗がん剤、放射線を上手に使いますと、苦しみながら延命し1年半から2年生きていけます。
    一般には、これらのがんに対し「延命効果があるから」と抗がん剤がよく使われるそうです。
    (中略)しかし著者は、たとえ数ヶ月延命しても、わずかの延命効果しかないのなら、抗がん剤は選ばず、別の道を選びます。
    とあるように、著者の言っている事に対し思うことは、抗がん剤の副作用で苦しみながら延命しても、本人はもちろん、家族や関係者の心労は語りつくせるものではないと思うのです。
    しかし、丹羽先生は「別の道を選びます」とあるように、がんに対する対処法が丹羽先生にはある(第三章に詳細が記載されています)のでしょう。

    次回は、第一章 5-4 短期間しか延命しない固形がん

    がん治療「究極の選択」の「目次」はこちら

    抗がん剤を超えた丹羽療法 がん治療「究極の選択」
    著者:丹羽靱負(土佐清水病院院長)より抜粋・引用

    ※書籍をご希望の方は、左メニューの広告よりご購入頂けます。
    posted by: 丹羽SODメディカル | がん治療「究極の選択」 | 00:00 | comments(0) | - | - |