Search
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
New Entries
Recent Comment
  • ガン細胞に直接作用する、天然の抗がん剤・・・
    KK (05/05)
  • 難病とSOD「活性酸素と難病との関係」
    レイ (11/03)
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
第一章 (5) 抗がん剤で治るがん、治らないがん一覧
0
    抗がん剤で、がんを弱らせようとすると、人間の正常細胞がより強力なダメージを受けます。
    がんにかかられた患者さんの中には、副作用の強い抗がん剤も嫌だし、代替療法もほとんど効果がないし、なるべく苦しまずに昇天したいという方もおられます。
    逆に、絶対に効果のないことが専門医の間でもわかっていても、進行がん、末期がんの患者さんは、一縷の望みをかけて延命効果を願い、副作用が強い強力な抗がん剤を服用して苦しんでなくなっていかれる方も非常にたくさんおられます。
    また逆に、数は非常に限られていますが、手術や抗がん剤で治癒し寿命がまっとうできる種類のがんでもあるのにも拘らず、みすみす生命を失ってしまう患者さんがおられます。
    どんながんならば苦しんでも抗がん剤で治るのか、あるいはどの程度延命できるかをここで細かく見ていきましょう。
    丹羽先生の実際の治療経験を、重病難病の克服への熱意が伝わってきます。
    先ず、どんな勢いの強いがん(膵臓がん、胆のうがん、胆管がんを含め)でも、ごく初期ならば手術で完治します。
    あえて分類すれば全てのがんがこの分類に入ってしまいます。
    したがってここでは、様々ながんのうち、抗がん剤治療や手術をして、比較的うまく延命するがんから順に説明していきます。
    やはり、早期発見による早期治療がいかに大切かを思い知らされます。
    まず、副作用に耐え忍んで抗がん剤で治癒するか、かなり長期延命するがん(主に血液のがん)があります。()
    次に、固形がん(血液性ではなく臓器や皮膚などにできるがん)で、一般に比較的早期に手術した場合、再発、転移が少なく、多くの患者が手術だけで治癒し、寿命をまっとうするがんがあります。()
    また、固形がんで術後再発、転移しても、抗がん剤によりある一定の延命効果が期待されるがんもあります。()
    固形がんで、早期に手術し、完全に取り切れれば延命、治癒するが、再発・転移すると、抗がん剤でがんが縮小しても、使わない場合と比べてみての延命効果は短期間しか期待できないがんもあります。()
    さらに、固形がんで、ごくごく初期に、無症状のうちに見つかって手術をしない限りどんな抗がん剤治療をしても効果がなく、早期に死に至るがんもあります。() ・・・中略・・・
    次回からは、 銑イ里んについて、さらに詳しく分析された内容を掲載致します。
    表題は、々海ん剤で治癒、長期延命のがんです。

    目次はこちら

    抗がん剤を超えた丹羽療法 がん治療「究極の選択」 著者:丹羽靱負(土佐清水病院院長)より抜粋・引用
    posted by: 丹羽SODメディカル | がん治療「究極の選択」 | 18:36 | comments(0) | - | - |