Search
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
New Entries
Recent Comment
  • ガン細胞に直接作用する、天然の抗がん剤・・・
    KK (05/05)
  • 難病とSOD「活性酸素と難病との関係」
    レイ (11/03)
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
アガリクスの効果を最大限に発揮
0
    アガリクスも丹羽療法の治療薬の一つ!

    丹羽博士の世界で認められた、天然の生薬の開発方法により、より安全で安価で高品質なアガリクス茸「丹羽博士のアガリクス茸」をご紹介致します。

    ■最大の特徴
    1.中国福建省の産地で、5月から8月の期間しか採れない厳選された
      特選で良質の天然アガリクス茸を使用。
    2.市販の物では効果を期待できなかったという方でも、丹羽博士が
      世界に誇る独自の加工方法により、実際に癌患者さんの治療の一部として使用され、
      大きな成果をあげています。

    ■丹羽博士のアガリクス茸の安全性について
    以下は、平成18年2月14日に、丹羽先生ご自身が「丹羽アガリクスについて」と題して、丹羽博士のアガリクスの安全性を釈明した文書の内容です。

    丹羽アガリクスについて

     アガリクスの肝障害を起こし、また、発癌促進作用があると言う問題が、一部新聞に報じられていましたが、私の開発しまたアガリクスの安全性について説明しておきます。

     中国産のアガリクスについては、先ず、従来から二酸化硫黄(SO2)が含まれていて、肝障害を起こす危険性が判っていました。
    何故このような二酸化硫黄が中国産のアガリクスに含有されるかと言いますと、アガリクスは非常に湿った、湿気の多いキノコでありまして、どこで加工しても多量の熱を加えて乾燥さす必要があるのです。
    その場合、中国では、練炭、豆炭と言う、石炭、炭と粘土を混ぜた燃料を使うと、経費が安くて充分乾燥できますので、中国ではアガリクスの乾燥に大々的に練炭・豆炭が使用されています。
     この練炭・豆炭は持続性があり、経費の節約には最高ですが、燃焼度が悪いので多量の二酸化硫黄を発生し、これがアガリクスに吸収されて、肝障害の毒性を発生するのです。

     私は以前から、こう言う危険性について熟知しており、中国で加工するアガリクスについては、絶対に練炭・豆炭を使わず、1台1千万円程する乾燥機を4台購入して、電気による乾燥を行っております。
     また、大量に収穫して、健康食品用に使用する際、乾燥機による乾燥が間に合わない場合は、二酸化硫黄を発生しない、原始的な薪を焚いて乾燥させております。
     念の為に当社の、私のやっているアガリクスの二酸化硫黄を分析センターで計算した証明がありますので付けておきます。(確認済み)

     同じ新聞記事にあったように、肝障害を起こした事故が発生したアガリクスを作っていた会社以外に、2社の会社の安全性を厚生省が確認しましたが、その2社のアガリクスについては異常を認めておりません。
     この2社のアガリクスは、乾燥さす時に練炭・豆炭を使っていなかったのではないでしょうか。使っていなかったから、二酸化硫黄の含有量が少なかったためだと思います。
     また、こう言う新聞記事が発表される以前から、丹羽免疫研究所でラットを使った実験を行い、アガリクスを飲ませて肝障害が起こるかをずっと実験してきておりますが、私の開発しましたアガリクスを飲ませて肝障害を起こしたラットは1匹もおりませんでした。
    従って、アガリクスの製品全てが肝障害の危険性があるのではありません。
    更に、発癌促進作用についても、丹羽免疫研究所で実験しましたが、癌の成長は抑えても、発癌促進作用などは皆目証明できませんでした。

     即ち、アガリクスそのものが、肝障害を起こす毒性持っているのではなく、その加工処理法に問題がある事が、これでご理解頂けると思いますし、発癌促進作用に至っては、ここ十年、何千例の進行癌、末期癌にHTTやBWS、冬虫夏草などと併用して、抗がん剤のように副作用を示さず、多くの著効例を出し、進行癌、末期癌の患者さんの命を救っている事実から、特に私の開発しまたアガリクスに限っては、問題にされる事自体が異常と考えます。

     更に、私の書きましたアガリクスの小冊子がありますが、その最後のところに、私の開発しましたアガリクスの効用として、癌以外に、慢性肝炎、B型肝炎、C型肝炎に、私の開発しましたアガリクスが特別効果がある事を書いております。
     現在、各地の診療所で、肝臓の悪い患者さんにアガリクスを飲ませておりますが、非常に良い結果が出ており、近いうちに、まとめて論文にしようと思っており、私の開発しましたアガリクスは肝臓を悪くするどころか、肝臓の悪い人の治療の特効薬です。
                                         以上

                                     丹羽免疫研究所
                                    所長 丹羽 耕三
    −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
    以上が、丹羽先生のアガリクスについての安全表明文です。
    posted by: 丹羽SODメディカル | ご挨拶・お知らせ | 11:45 | comments(1) | - | - |
    管理者の承認待ちコメントです。
    | - | 2008/12/02 6:57 AM |