Search
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
New Entries
Recent Comment
  • ガン細胞に直接作用する、天然の抗がん剤・・・
    KK (05/05)
  • 難病とSOD「活性酸素と難病との関係」
    レイ (11/03)
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
効く薬には、必ず副作用が・・・
0
    【特集】丹羽療法 治療レポートより(日本SOD研究会報No.97)より引用

    薬害

    この冬、インフルエンザ治療薬「タミフル」による副作用が話題になった。
    未成年者の異常行動から死亡に至った経緯は痛ましい限りです。
    その報道の中で、日本は世界で一番タミフルを消費している国だという事実に驚いた方も多いのではないでしょうか。

    普通の大人なら、タミフルを飲まなくても数日で快癒するといわれるインフルエンザなのに、仕事が忙しいからというだけで即効性のあるタミフルを服用してしまう日本人。

    何でもかんでも薬を欲しがる患者と、処方したがる医者。
    日本はいまや世界一の薬消費国になっています。

    抗がん剤、コレステロールを下げる薬、気管支拡張剤、ステロイドなど。
    薬が化学薬品である以上、常用すれば必ずどこかに弊害が出てくるもの。
    本来の病気よりも恐い副作用という疾病が襲ってくる可能性もあるのです。

    そこで今回は、丹羽博士に薬害、副作用についてお話してもらいました。
    ※以下は、抜粋します。

    薬害、副作用の代表格は「抗がん剤」。
    土佐清水病院を訪れる癌患者さんで一番多いのが、

    1.抗がん剤の恐さを知っているので抗がん剤を使いたくないという患者さん。

    2.次に多いのが、抗がん剤で酷い目に遭った患者さん。

    3.その次が、いい先生(丹羽先生)だという評判だけ聞いて、抗がん剤の恐さを知らない患者さん。この患者さんは、乱暴ではっきりともの言う丹羽先生の対応が気に入らない、合わないと、すぐにガンセンターに行く。

    4.自然回帰的な考え方の患者さんで西洋医学、化学薬品は一切使わないという人。

    の、4パターンに大きく分類できるわけです。

    ※この続きは、とても重要な事を語っておられますので、次のリンクにてご覧下さい。

    悪性リンパ腫で、抗がん剤治療でダメだった患者の内、8割の確立で治癒・・・
    posted by: 丹羽SODメディカル | 丹羽療法 治療レポート | 01:21 | comments(0) | - | - |