Search
Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
New Entries
Recent Comment
  • ガン細胞に直接作用する、天然の抗がん剤・・・
    KK (05/05)
  • 難病とSOD「活性酸素と難病との関係」
    レイ (11/03)
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
尋常性乾癬の特効薬開発
0
    尋常性乾癬の特効薬開発・・・これは土佐清水病院のホームページに掲載されている見出しタイトルで、内容は次のようになっています。縦線は引用を意味します。

    尋常性乾癬の難治性とその現状
    重症のアトピー性皮膚炎よりも手ごわい、高濃度のステロイド外用やステロイド内服にも抵抗する尋常性乾癬の特効薬が完成しました。その名は(A-、B-、C-、D-)マグニー軟膏です。新潟の五頭山系の鉱底から採れる、皮膚を含む生体の細胞を活性化し、皮膚の保湿機能をも高める作用のある4〜14ミクロンの遠赤外線(成長光線)を強力に発生する岩石(“マグニー石”と命名)を、直径0.1ミクロン以下の微粉末に粉砕した石粉をワセリンなどに溶かして作った軟膏です。

    この病気で長期間お悩みの患者さんはよく御存知だと思いますが、尋常性乾癬は最近増加・重症化して来て、世界で何百万人の患者さんが、この病気で悩んでいます。重症アトピー性皮膚炎よりも治療に抵抗し、前述のように、高濃度ステロイド外用にも完全に皮疹は軽減せず、副作用の強いステロイド内服や免疫抑制剤を内服して、やっと小康状態が保たれますが、完治する病気ではないため、治療を中止すると再燃し、10年20年ステロイド外用などの治療を続けていると“紅皮症”と言って、全身の皮膚が金太郎さんのように“真赤”になってしまう難病です。

    今世界にある皮膚病のうちで、一般の方がよくかかる病気のうちで、一番手ごわい難病の一つと言えます。
    土佐清水病院で使用されるマグニー軟膏は、症状によって配合を変えています。例えば、長年ステロイドを使用されていた方のために、少しずつ離脱できるように、微量のステロイドを含有させたものや、ステロイドによる副作用の心配がない方には、ステロイドは使用しません。
    もちろん、市販のマグニークリームにはステロイドは一切使用されておりませんので、安心して試せると思います。

    尋常性乾癬の原因
    尋常性乾癬は、皮膚表層の角層というところにケラチノサイトという細胞がありますが、このケラチノサイトが異常に増殖するために皮膚が分厚く肥厚・苔癬化して来る病気ということが分かっています。私の開発しましたマグニー軟膏は、この増殖するケラチノサイトの増殖を著しくを抑え、皮疹を改善さすことが実験で証明されています。
    各層が硬く何重にも重なり、ボロボロの状態を見せて頂いた事がありますが、凄まじい痒みを伴うことがあるようです。私のお客様でも既に多くの乾癬の方がいらっしゃいますが、一日も早い改善を祈るばかりです。
    普通に生活していても、人間にはかなりのストレスが溜まりますが、どこか一箇所でも蚊に刺されただけでもストレスが加算されます。ましてや、治り難い乾癬やアトピーを患っている方々のストレスは、想像以上に大変だと思うのです。

    尋常性乾癬を悪化させるfactor
    終戦(昭和20年)頃までは尋常性乾癬は日本にありませんでした。日本人が肉・乳製品を余り食べなかった終戦直後までは、ほとんど日本でみられませんでした。日本人が肉・乳製品を主として食べ始めた頃から、この病気が日本人にも発生して来ました。面白いことに、欧米の患者さんは、肉を主食としていますので、大学の皮膚科に入院しても、退院するとまた肉を食べますので、再入院してきます。先進国の大学病院皮膚科の大半の患者さんがこの尋常性乾癬だと言われています。肉、乳製品の動物性脂肪は、前述の皮膚角層のケラチノサイトを強化し、増加さす作用があるのです。
    尋常性乾癬だけでなく、アトピー性皮膚炎もそうですが、私の小学生時代(今から40年前)には、見たことも聞いたこともありませんでした。それが、中学、高校と年代が進むにつれ、後輩たちの中に症状のある子がいたのです。
    食生活の変化、環境の悪化が最大の要因ではないかと思いますが、防御できるだけの節制生活と予備知識が必要な時代になってしまったと実感しています。

    尋常性乾癬の治療・養生法
    上述のマグニー軟膏を塗布することと、日常の食事は、肉・乳製品を避け、魚介類、卵を中心とした日本食、懐石料理にすることです。
    丹羽先生らしい、単刀直入なアドバイスですね。その裏には、ただならぬ開発の経緯においてご苦労があったように感じるとともに、それが治療への自信となったからではないでしょうか。

    土佐清水病院では、札幌から博多まで全国9箇所の診療所を持って、重症のアトピー性皮膚炎と難治性の乾癬で何年も大病院で治療して改善せず、お先真っ暗になった患者さんを全員救って、社会生活可能な皮膚にさせています。
    是非、丹羽療法をお試し下さい。
    丹羽先生のバイタリティにはいつも驚かされます。これもひとえに、お悩みの患者さんへの医師としての使命を自覚されているからだと思います。ますますお元気で、丹羽療法と統合医療の普及に期待するものです。
    posted by: 丹羽SODメディカル | 尋常性乾癬 | 10:55 | comments(0) | trackbacks(0) | - |